認印とは?シャチハタとの違いや銀行員との違いについて

認印の定義

日常生活において最も使用頻度の高い印鑑が認印です。

実印は印鑑登録されている印鑑のことを言いますが、認印とは印鑑登録されていない全ての印鑑を認印と呼びます。

極論を言うと個人で使う認印の場合は「なんでもいい」ということ、印鑑登録していない印鑑であれば全て認印ということになります。

宅配便が来た時や重要な書類以外の場面で押印する印鑑が主に認印の役割になります。

実印と認印を一緒にしている人などもいますが、使い分けた方が安全です。

認印を押印する意味としては承認、意思確認を表すものです。

認印とシャチハタの違い

まず基本的なことですが、シャチハタとは朱肉が必要なく印鑑の中にインクが内臓されているタイプの印鑑のことをシャチハタと言います。

シャチハタは朱肉が必要ないため押印する際に便利で使い勝手がいいため認印として人気が高い印鑑です。

認印とシャチハタの違いですが、どんな印鑑でも認印となるため認印=シャチハタではなく認印の一種としてシャチハタがあるということです。

シャチハタが認印として利用できないケース

そんなシャチハタを認印として利用している人も多いかと思いますが、注意して欲しいのがシャチハタが認印として使えないケースがあるということです。

保険の加入や金融機関への書類の印鑑はシャチハタ不可となっています。

これはシャチハタの文字はゴムでできているためゴムが傷ついたり劣化し印影が変形してしまう恐れがあるため、朱肉を使った印影が変わることのない印鑑で登録する必要があるということです。

印影で本人確認しているため印影が変形する可能性があるシャチハタやゴム印は使えないということです。

シャチハタは認印として最も多く使われている印鑑ですが、このように認印としての役割が機能しないケースもあることを知っておきましょう。

認印と銀行印の違い

認印として利用していた印鑑でもシャチハタでなければ銀行印として銀行に印影を登録することができます。

認印と銀行印の違いはその重要性で、認印は印影が流出しても問題はありません。

しかし銀行印は印影が流出してしまうとお金を引き出されてしまう可能性があるということです。

預金通帳と銀行印があればお金を引き出すことができます。

そのため銀行印を認印としても利用している人は注意が必要です。

使用頻度の高い認印を銀行印にもしているということは当然紛失したり盗難にあうケースも多い為、悪用される可能性が高くなるということです。

銀行印、認印、実印、というように最低でも3つの印鑑を使い分けることが防犯上大事です。

また100円ショップなどで売ってる印鑑を利用してしまうと大量生産品なので、同じ印影が複数ある状況のため偽造され悪用されるというリスクがありますのでおすすめできません。

認印は何でもいいと言っていましたが、防犯上印鑑ショップで作成する印影が複雑で丈夫な印鑑を購入するのがベストなのは間違いありません。

会社で使われる認印とは

会社で使われる認印は実印を押すまでもない書類などに使われることが多く、会社として印鑑を使い分けて印影の悪用などのリスクを回避するために会社認印があります。

会社認印は個人認印とは違い、外枠に会社名や屋号が入り内枠には役職名が入ることが一般的です。

またサイズも個人の認印よりも大きめのサイズになることが多いです。具体的には15mm~21mmの間で会社認印を作成するのが一般的で、角印が使われることも多いです。

個人の認印はある程度何でもいいという部分がありますが、会社で使われる認印は会社の看板を背負っている部分もあるためしっかりとした印鑑を選ぶ必要があります。