実印とは?他の印鑑との違い

そもそも実印とは

実印とは自分の住所が登録されている市町村役場で印鑑登録を行った印鑑のことを実印と言います。

印鑑登録さえすればどんな印鑑でも実印ということになります。

例えば100円ショップで購入した印鑑でも実印として登録すればそれはもう実印ということになります。

明らかに高級そうで実印っぽい印鑑でも印鑑登録していなければそれはただの認印となります。

実印として登録できない印鑑としてゴム印やシャチハタという印影が変形しやすい印鑑は実印として登録することができません。

また実印の印影の大きさには規定があり、「8mmの正方形に収まらない25mmの正方形に収まる印鑑」とされています。

つまり8.1mm~25mm以下の印鑑で実印登録してくださいということです。

実印は印鑑の中でももっとも重要な印鑑で個人を証明する印鑑です。

そのため実印を押印するということは法律上、社会上の権利、義務が発生します。

主に大事な契約の際に実印は使われるため、契約書をよく確認してから慎重に押すようにしましょう。

実印の使用場面

印鑑をきっちりと使い分けている人は実印を使用する場面というのはある程度限られてきます。

実印の使用場面としていくつかの例をあげてみます。

  • 車や不動産の取引
  • 公正証書の作成
  • 会社設立時
  • 保険金や保証金の受け取り
  • 遺産相続
  • 生命保険の加入
  • ローンを組む時

上記のような場面で実印が必要となりますが、あくまでも一部の例ですので他の場面でも実印が必要になります。

大事な契約などの場面では必ずと言っていいほど実印が必要になりますが、こういった場面では実印と印鑑証明がセットで必要になります。

印鑑証明は印鑑登録した際に発行される印鑑登録書を市町村役場へと持っていき印鑑証明を発行してもらうことになります。

印鑑証明とは実印が本当に本人のものなのか確認する書類です。印鑑証明の発行には300円程度かかります。

大事な契約の場面での印鑑証明は基本的には「30日以内に発行された印鑑証明」という指定がほとんどなので準備しておきましょう。

実印と他の印鑑の違いとは

実印と他の印鑑との違いは、実印は印鑑登録されているため市町村役場の第三者が本人だということを証明してくれるという部分です。

大事な契約の場面で実印が必要とされるのは、第三者によって本人という確認が取れますし相手も安心することができるからです。

実印と他の印鑑の違いは印鑑登録されているかどうかで、用途や役割が大きく異なっている部分です。