銀行印とは?実印と同じでも問題ないは嘘

銀行印の定義

銀行印とは口座開設の際に銀行に登録する印鑑のことを銀行印と言います。

銀行印の使用場面としては小切手や手形の発行、家賃や光熱費の口座引き落としの申し込みなどの場面で必要になります。

銀行印と通帳があれば銀行窓口にてお金を引き出すことができるため実印同様に大切な印鑑になります。

銀行印として登録できる印鑑は100円の印鑑など基本的になんでもOKですが、印影が変形しやすいシャチハタやゴム印は銀行印として登録できないので注意してください。

余談ですが通帳に印影シールが貼られていることを見たことがある人も多いと思いますが、現在では犯罪防止のため印影シールは貼られなくなりました。

実印と銀行印を兼用しない方がいい理由

銀行印と実印を一緒にしてしまおうと考える人は少なくないと思います。

そもそも銀行印や実印、認印にはしっかりとした定義はなく、用途によって使い分けられ登録されているだけなので兼用を考えるのも無理はありません。

実際銀行印と実印を一緒にすることは可能で管理が楽になるというメリットはあるものの、メリット以上に大きなデメリットがあります。

銀行印と実印、認印を兼用することで印影の露出頻度が増えるため印影の流出や悪用されるリスクが高くなります。

それだけではなく兼用していると紛失や悪用された際には、銀行で銀行印の変更手続き行い、実印は印鑑登録の廃止手続きと改印手続きを行い新たな印鑑を用意して印鑑登録し直さなければいけません。

管理は面倒なものの兼用することでリスクが何倍にも高くなり、トラブルが発生した場合に手続きも大変になります。

このようなことから実印、銀行印、認印を兼用することはやめましょう。

最低でも各印鑑1本ずつ持っておき、出来ることなら銀行ごとに銀行印を用意しておくのがおすすめです。

管理は面倒ですが最近ではカラフルな印鑑が登場しているため銀行ごとに使い分けても分かりやすく管理できるかと思います。

銀行印の管理方法

銀行印は管理する際の注意点は1つです。

「通帳と一緒に管理しない」ということです。

通帳と銀行印がセットで管理されていると盗難にあった際に簡単にお金を引き出すことができます。

そのため通帳とは別の場所に銀行印を保管しておきましょう。