止め印と消印とは?押し方や意味について

止め印とは

止め印とは契約書などの文書の最後に押す印影のことを言います。

止め印にはどのような意味があると言うと、文書の最後に止め印を押すことによってこの文書の最後はここですよというのを表しています。

これによって文書の最後に空白があるような場合には書き足されることを防ぎ、削除したものではないことを証明することができる。

このような不正を予防する目的で止め印は押され、書面がここで終わりですよというものです。

また文書の終わりに大きな余白がある場合は、「以下余白」と記載する場合や大きく斜線を引く場合もありますがいずれも同様の効果があります。

止め印として認められる印鑑は署名または記名した末尾に押した印鑑と同一の印鑑でなければいけませんので注意してください。

消印とは

消印とは契約書に張られている収入印紙や切手等と、下の契約書にまたがって押す印鑑のことを消印と言います。

消印を押す場所に規定などはありませんが、一般的に印紙の角または長辺に押します。

消印にはどのような意味があるのかと言う、消印が押されていない場合は印紙をはがして再利用される場合があるので再利用を防ぐという意味で押されます。

印鑑のない場合は印紙と契約書にまたがるようにしてボールペンなどで署名するだけでも良いとされています。

また消印は文書の末尾に使われた印鑑で押すことが基本となりますが、違う印鑑でも効力は変わりません。

契約書に押される印鑑は契約者双方の印鑑を押す必要があることがほとんどですが、消印は一方の契約者押印や署名のみで構いません。

収入印紙に消印しないと収入印紙と同額の過怠税を取られるため、収入印紙を貼った時には必ず消印するようにしましょう。

また印紙税の納付義務者は文書作成者全員となりますが、当事者間の話し合いで印紙税の負担者を決めることは自由で、銀行などの金融機関は相手側に負担させるというのが基本となっています。