訂正印とは?捨印との違いや押し方について

訂正印とは

訂正印とは契約書などの文書に対して書き加えたり、書き直したり、削除したりする時に権限のある人が訂正したことを証明するために押印した印鑑のことを言います。

契約書などで文字や数字を間違えてしまうことってありますよね。

そういった場合に訂正印が使用され、勝手に書き換えられたのではないことを証明するために署名または記名押印された印鑑と同じ印鑑を訂正印として使用します。

訂正箇所があまりにも多い場合には双方の合意の元、契約書を破棄または契約書を保管した上で新たな文書を作成した方がいいでしょう。

訂正方法

訂正の方法としてまず訂正したい箇所に二重線を入れます。

二重線を入れる際には元の文字が見えるように引いていきます。

そのため修正テープを使ったり黒く塗りつぶしてはいけないので注意してください。

縦書きの場合は文書の右横に訂正印を押し、横書きの場合には文書のすぐ上に訂正印を押します。

訂正印は契約者全員の訂正印を押すことが決まりなので二人の場合は二つの訂正印を、複数人いる場合は全員の訂正印を押していきます。

そして訂正内容をより明確にするために「削除二字」「二字追加」などと契約書欄外に記入する必要があります。

訂正印の押印の仕方

訂正印の押印の仕方については二つあります。

一つは上記で紹介した通り、訂正箇所に二重線を引き、横書きなら文書上に押印、縦書きなら文書右横に押印する方法が一つ。

もう一つは契約書欄外に押印し、「削除〇字」「〇字追加」と記入する方法です。

欄外への訂正印は捨印と権限が被ってしまったりトラブルの原因となるためあまりおすすめできません。

さらに欄外に押印する場合は後でそのページを訂正できないというデメリットがあるためやめておいた方がいいでしょう。

訂正箇所に訂正印を押印する方法は文字が見にくくなるというデメリットはあるものの最も安全な方法です。

金額や数量の訂正は慎重に

基本的に訂正印を使った訂正は何度でも制限なく行うことができます。

当然あまりにも多くの訂正が必要な場合は新たな契約書を作成するのが基本となりますが、訂正する箇所の中でも最も重要な訂正箇所は金額や数量ですよね。

金額や数量は後々トラブルの原因となるため訂正印を使って訂正する場合は慎重でなければなりません。

出来れば金額や数量は訂正せずに、訂正は他の部分にとどめ金額や数量を変更する場合は新たな契約書を作成するようにしましょう。

捨印とは

捨印とは字句の訂正が必要な場合に訂正印として契約書欄外に予め押印しておく印鑑のことを言います。

予め捨印を押印しておくとちょっとした訂正箇所が見つかってもすぐに訂正できるというメリットもあり、勝手に契約書の内容を変更される可能性があるというデメリットもあります。

訂正印の場合はちょっとした訂正箇所でも署名者に訂正印を押印してもらう必要があるため、捨印を押しているとそういった手間が省けるということになります。

わざわざスケジュールを合わせてちょっとした訂正箇所のために会うのは大変ですよね。

しかしながら捨印は危険性が高く、後日どんな訂正をされているのか悪用されているのか分からないという危険な印鑑です。

そのため捨印を使わない方がいいです。契約書は大切なものなので手間がかかっても訂正印を利用するようにしましょう。

また訂正印同様に捨印は署名、記名した際に押印した印鑑と同一の印鑑である必要があります。

捨印と訂正印の違い

捨印と訂正印の違いは上記でも紹介した通り、予め契約書欄外に捨印を押印することで訂正することを許可しているため、後日勝手に訂正される可能性があるというのが大きな違いです。

契約書において重要な項目である金額や数量をも勝手に訂正される可能性がある訳ですから捨印と訂正印は大きな違いです。

訂正印だと金額や数量などの重要な訂正はかならずその都度お互いの訂正印を押印することになるのでしっかりと同意のもと変更されます。

そのため絶対的な信頼関係がある場合以外は捨印を求められても拒否しましょう。